高齢男性の車が駐車場フェンス越えて2メートル下に落下

 20日午前10時半ごろ、千葉県袖ケ浦市長浦駅前の時間貸し駐車場で、同市に住む85歳の男性が運転する乗用車が、駐車場のフェンスを越えて、2メートル下の市道に落下した。男性は足首を骨折し、病院に搬送された。市道には当時、通行人や車はなく、他にけが人はいなかった。

 駐車場は傾斜のある土地にあり、一部は盛り土で周囲の道路より高くなっている。千葉県警木更津署が詳しい事故原因を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細