「必殺シリーズ」の脚本家、吉田剛氏死去 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「必殺シリーズ」の脚本家、吉田剛氏死去

 吉田剛氏(よしだ・たけし=脚本家)17日死去、83歳。葬儀・告別式は20日午後1時半、神奈川県大和市上草柳1の6の7、セレモニーホール林間で。喪主は次女、亜紀(あき)さん。

 松竹で小津安二郎監督らの下で演出助手を務めた後、脚本家としてドラマ「必殺シリーズ」などを手がけた。