現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

東京宣言の方針転換は敗北だ 新潟県立大学教授・袴田茂樹

ロシアとの領土交渉でわが国の方針に大転換がなされた。その重大な問題点を指摘したい。その前に、安倍晋三首相および父の故晋太郎氏に関して一言。晋太郎氏が外相として訪ソする直前に私が大臣室でソ連問題について話し、そのとき晋三氏は父の秘書として同席された。その後も首相の晋三氏とは何回か意見交換しているが、わが国の政治家でこの父子ほど平和条約締結に強い熱意を抱いている政治家を私は知らない。

基本政策と整合性がとれない

さてこの9月の「一切の前提条件なしで平和条約を年末までに締結」というプーチン大統領提案を受けての14日の日露首脳会談での安倍首相の提案だが、その基本は1956年の「平和条約締結後歯舞群島と色丹島を日本に引き渡す」とした日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させること、と首相も述べている。ここで幾つかの重大な問題点を指摘しておきたい。

ランキング

  1. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  2. 【産経抄】8月16日

  3. 【一筆多論】APが報じたソ連の蛮行 岡部伸

  4. 【正論】この夏に思う 抑止力強化へ悪しき洗脳を解け 福井県立大学教授・島田洋一

  5. 【正論】周到な「聖徳太子抹殺計画」 次期指導要領案は看過できない 拓殖大学客員教授・藤岡信勝

  6. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

  7. 【主張】学校の半旗 弔意を妨げる方が問題だ

  8. 【JAPAN Forward 日本を発信】破滅への新植民地主義

  9. 【正論】この夏に思う 少年兵と海軍少尉に「倣いて」 文芸批評家・新保祐司

  10. 【風を読む】台湾との経済的連帯を行動で 論説副委員長・長谷川秀行

会員限定記事