「不正を除去、クーデターではない」 日産会見詳報(5)

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が逮捕され、本社で記者会見する西川広人社長=19日午後、横浜市西区
日産自動車のカルロス・ゴーン会長が逮捕され、本社で記者会見する西川広人社長=19日午後、横浜市西区

 --不正行為を働いたのは逮捕された2人だけか

 「2人が首謀であることは内部調査で確認しているが、それ以外は捜査の関係もあるので控えたい」

 --今回の件について、役員の反応は

 「役員が知ったのは、つい先ほどだ。事の性質上、厳しく秘匿していた。(役員に対しては)『お取引先の皆さんが非常に心配していると思う』『従業員も不安に思っているから、役員が先頭に立って引っ張ろう』という話をした」

 --日産の発表文は「私的流用」を挙げているが、逮捕容疑は金融商品取引法違反だ

 「社内調査の結果は全部(検察に)報告している。刑事罰の対象についてはなかなか判断できなかったが、会社としてみれば、取締役の義務に大きく反することで、当然解任に値する。弁護士の意見も同様だ」

 --不正はいつごろから

 「今は言えないが、いずれ明らかにできると思います」

 「長きにわたって、というところでしょうか」

 --これだけ株主を裏切る行為をしていた場合、株主のお金を取り戻すという意味合いで告発するつもりはないか

 「それに値する事案だと把握しているが、今の段階でどうこうするとはいえない」

 --どういう形でカルロス・ゴーン容疑者に権力が集中し、今回のクーデターにつながったのか