文大統領「真実直視を」 河野外相「韓国で逆行の動き懸念」

河野太郎外相(斎藤良雄撮影)
河野太郎外相(斎藤良雄撮影)

 【ソウル=名村隆寛】日韓・韓日協力委員会の合同総会が18日、ソウル市内で行われた。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はメッセージで「植民地時代は韓日双方につらい過去だ。だが、つらいからと真実から目を背けてはいけない。持続可能で堅固な韓日関係のためにも、われわれは真実を直視せねばならない」と訴えた。

 河野太郎外相もメッセージで、日韓パートナーシップ宣言20周年の今年を節目にした「未来志向の日韓関係構築に向けた協力」を呼びかけた。一方で、元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決などを念頭に「韓国で逆行するような動きが昨今、続いていることに強い懸念を抱いている」とした。

 総会では韓国側から、米韓同盟や日韓関係の重要性を訴える意見が出された。日本側からは会長代行と訪韓団団長を務める渡辺秀央元郵政相や中曽根弘文元外相らが出席した。