不正入試受け規範 性別不利扱い認めず 全国医学部長病院長会議 - 産経ニュース

メインコンテンツ

不正入試受け規範 性別不利扱い認めず 全国医学部長病院長会議

 大学医学部の不正入試をめぐる問題を受け、医学部のある国公私立大や病院が参加する「全国医学部長病院長会議」の小委員会は15日、性別などにより合否判定で不利な扱いをしないよう各大学に求める規範をまとめた。16日に正式決定し、公表する。

 関係者によると、規範には、合否判定で女子より男子を優遇するような措置は募集要項などで事前に周知しても認めないとする内容が盛り込まれた。浪人年数の多い受験生に対しても、一般入試では不利な扱いを認めないこととした。総じて各大学の「アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)」が公平なものとなるよう求めている。

 規範の内容は、各大学の対応に影響を与えそうだ。女子を不利に扱った疑いが指摘される順天堂大でも、規範に照らして過去の入試を再検証し、事実関係を公表することにしている。