23万円窃盗容疑で25歳逮捕 奈良

 奈良市内のマッサージ店に侵入し、現金約23万円を盗んだとして、奈良署は14日、建造物侵入と窃盗の疑いで、住所不定、無職、山屋秀次郎容疑者(25)を逮捕した。「仕事をしておらず、金がなかったので盗みをした」と容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、同市内の近鉄奈良駅周辺では今月に入り、営業時間外の店舗から金品を盗む「出店荒らし」が未遂も含めて10数件発生しており、同署が関連を捜査している。

 逮捕容疑は、10月9日午前5時45分ごろ、同市内にあるマッサージ店の出入り口のガラス扉を割り、鍵を開けて侵入。店舗内に設置しているレジの中から売上金約23万円を盗んだとしている。

 マッサージ店の男性経営者(40)が同日、被害届を提出。防犯カメラの映像などから山屋容疑者を特定し、指名手配していた。

 近鉄奈良駅周辺の店舗では今月、出店荒らしが相次ぎ、合わせて現金数万円や物品などが盗まれた。いずれもバールのような金属製のものでドアや窓ガラスを割って鍵を解錠し、店内に侵入していたという。今回の事件と手口が酷似していることから、同署は捜査を進めている。