文科省、接待同席指摘の野党2議員の公表を拒否

 自民党の義家弘介(ひろゆき)元文部科学副大臣は14日の衆院文科委員会で、文科省幹部が絡む贈収賄(ぞうしゅうわい)事件をめぐり質問し、贈賄側として起訴された医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司被告側による複数の文科省幹部への接待に「3人の野党議員が関わっていた」と指摘した。

 文科省の滝本寛(ゆたか)総括審議官は接待の経緯について、収賄罪で起訴された前国際統括官の川端和明被告から「元国会議員」や「国会議員」が出席する会合に誘われたケースがあり、議員が実際に出席していたことを明らかにした。議員は前者は立憲民主党の吉田統彦(つねひこ)衆院議員、後者は国民民主党の羽田雄一郎参院議員とされ、谷口被告は羽田氏の「政策顧問」としての名刺を持ち歩いていた。しかし、滝本氏は「調整中」を理由に議員の実名公表を拒んだ。

 義家氏は、国民民主党の大西健介衆院議員が平成26年の衆院選で落選した吉田氏の依頼を受け私設秘書に発行される国会の通行証を貸与していたことも挙げ、「(幹部らは)文科省の同僚・先輩から国会議員の名前を出されて誘いを受けた。議員の責任は極めて大きい。通行証と政策顧問という肩書で、役人が信じるに足る状況ができた。これが今回の事例の根幹だ」などと述べた。