「失望を禁じ得ない」韓国外務省が河野外相発言を批判

 【ソウル=名村隆寛】韓国外務省は15日、元徴用工を主張する韓国人の訴えを認め新日鉄住金に賠償を命じた韓国最高裁の判決について河野太郎外相が14日の衆議院外務委員会で「(日韓)両国関係の法的基盤を根本から覆すものだ」と述べたことに対し「失望を禁じ得ない」と批判する報道官の声明を発表した。

 声明は、韓国政府が判決以降、「司法の判断を尊重する」と二度にわたり立場を発表してきたことをあげ、「日本政府の指導者に韓日関係の未来志向的な発展に障害が起きないよう、賢明に対処するよう伝えてきた」と強調した。その上で、「にもかかわらず、こうした行い(河野外相の発言)が続いていることは問題解決のためにはならないことを、再度、厳重に指摘する」と訴えた。