「家に送ると声かけた」 寝屋川中1殺害公判被告人質問で

 起訴状によると、山田被告は大阪府内かその周辺で、27年8月13日午後7時ごろから同11時10分ごろまでの間、平田さんの首を手などで圧迫し、顔に粘着テープを何重にも巻き付けるなどして窒息させて殺害。同日ごろ、星野さんの首を何らかの方法で圧迫し、窒息死させたとしている。

 公判で検察側は「2人の首を圧迫させて殺害した」と指摘。一方、弁護側は平田さんは傷害致死罪、星野さんは熱中症など体調不良で死亡したとして保護責任者遺棄致死罪にとどまるとして、殺人罪の成立を争っている。