「学術会議はネガティブ面を強調」 次世代加速器で地元団体が反論

国際リニアコライダーの完成予想図(高エネルギー加速器研究機構提供)
国際リニアコライダーの完成予想図(高エネルギー加速器研究機構提供)

 次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を岩手・宮城両県の北上山地に建設する構想を審議している日本学術会議の検討委員会が14日、否定的な見解が目立つ回答案を公表したことについて、地元推進団体の東北ILC推進協議会(仙台市)と岩手県ILC推進協議会(盛岡市)は同日、「ネガティブな面を強調し、新たな科学技術の可能性を狭めている」などと反論するコメントを共同で発表した。

 コメント全文は次の通り。

 科学技術は研究者だけのものでなく、社会と一体となって作り上げていくものと私どもは考えます。このたびの日本学術会議の検討委員会では、ILCの持つ「国際科学技術プロジェクトへの日本の新たな挑戦」という高いこころざしに対し、ネガティブな面を強調する議論が行われているように思われます。

 日本が科学技術立国を掲げる中、今回の議論が、ILCのみならず新たな科学技術の可能性を狭めてしまっているのではないか、と私どもは懸念しております。

 東北の産学官は、震災復興や東北の発展にも寄与するプロジェクトとして、ILCの誘致に力を注いで参りました。

 ILCが持つ可能性は、産業の活性化はもちろんの事、世界中から研究者や家族が集まる多文化共生社会・「世界に開かれた東北」の出現など、さまざまな動きが、日本の新しい地方創生のきっかけにもなり得るものと考えます。