湯浅博の世界読解

ペンス・ドクトリン止まらず

会談後、共同記者発表で発言するペンス米国副大統領=13日午後、首相官邸(春名中撮影)
会談後、共同記者発表で発言するペンス米国副大統領=13日午後、首相官邸(春名中撮影)

米中貿易戦争のさなか、95歳のキッシンジャー元米国務長官が引っ張り出され、習近平国家主席と会談したとの話には恐れ入った。キッシンジャー翁の訪中は、北京にとってワシントンとのパイプが目詰まりを起こしていることの証明でしかないからだ。

かつては、ブッシュ(子)政権でのポールソン財務長官やゼーリック国務副長官ら親中派有力者がパイプ役を果たしていたが、いまはそれさえも細っているお粗末さだ。

確かに、キッシンジャー氏は1979年の米中国交樹立に尽力し、歴代の米政権に対中政策について助言してきた。トランプ大統領も昨年秋、訪中直前にキッシンジャー氏からアドバイスを受けている。中国当局は大統領が「彼を尊敬している」と公言していたことに望みを託したか。

ランキング

  1. 【韓国大統領選】中道系候補、反日を「利用しない」強調

  2. プーチン氏やサウジ皇太子 北京五輪開会式出席一覧

  3. 【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】北の核・ミサイル実験 危機は3月か

  4. 露大統領 米NATOの回答に不満伝達 仏大統領と電話会談

  5. ホンジュラス新大統領の就任式で米台ナンバー2が接触

  6. 【世界を解く―細谷雄一】コロナ後の「敗北」に向かうのか

  7. 米の対露制裁 最終手段は決済網からの排除

  8. 中国、米台接触に「台湾との公的接触やめよ」と反発

  9. カザフ大統領、与党党首に選出 実権を完全掌握

  10. WHO オミクロン株 日本の対応を「理解困難」と批判 感染力の情報は「数日以内」に