大学最前線 この人に聞く

産学で未来を創る人材養成を-拙速な新卒一括採用見直しに異論あり 土屋恵一郎・明治大学学長

 もちろん、海外留学している学生からすれば通年採用の方がよいですし、時季にとらわれない採用をしたい企業もあるでしょう。そんな要望にそって多様な選択肢を用意するにしても、一括採用という現在のシステムがもつ意義は忘れてはならないと思います。

 例えていえば一括採用という幹を切り倒してしまうのではなく、それを残しつつどのような新芽を育ててゆくか。そうした観点から大学や政府、企業が議論してゆくことが必要なのではないでしょうか」

 --就活ではインターンシップ(就業体験)の問題点も指摘されています

 「特にワンデーインターンシップについてですが、ワンデー(1日)という時間的な制約から本来的な意味の『就業体験』ではなく『解禁前の会社説明会』化しています。さらにこの『ワンデー』を重視する企業が多くなってきているために海外留学を断念する学生が増えてきているのは深刻な問題です。

 政府も関与しながら、経済団体や各企業・業種ごとに大学が協議し、就業体験という実体の伴わない『ワンデー』は廃止し、学生の学修環境を損なわないインターンシップのルールづくりを進めてゆく。そんなプロセスが理想であり、必要だと感じています」

「変える力」をもつ人材の養成が大学の使命

 --そもそも大学は、就職活動という一見教育とは異質のテーマにどう向き合ってゆくべきなのでしょう

 「本学は『就職の明治』と言われますが、それは決して学生を集めるためのスローガンではありません。就職については、学生が大学で学んだことを実際の社会の中で磨きをかける大きな機会であるという考えがわれわれの根本にあります。

 企業から求められる要素としてよく使われる『即戦力』という言葉には違和感を覚えています。むろん今求められている人材を養成することは大事です。しかし、われわれ大学人が目指しているのは未来のため、現状を変える力をもつ人材を輩出することです。誤解を恐れずにいえば、もし即戦力だけを求めて採用活動をするならば、その企業は生き残ってゆくことはできないし、即戦力を養うだけの教育を行うならば、国としての日本の未来はないとさえ考えています。

 変える力をもつ人材を養成するためにも大学での教育に余裕がほしいと思います。『日本の大学生は勉強をしない』という指摘もありますが、逆だと考えています。海外に比べてカリキュラム数が多いため、日本の大学生は大学の勉強に追われているのが現状です。もっと海外に出て行ってもらいたいし、ボランティアをはじめ、社会体験を積んでもらいたいと思います」