琵琶湖の淡水魚ニゴイがカレーに フライで新メニュー

琵琶湖の淡水魚ニゴイがカレーに フライで新メニュー
琵琶湖の淡水魚ニゴイがカレーに フライで新メニュー
その他の写真を見る (1/2枚)

 「ココイチ」の愛称で知られるカレーチェーン店「CoCo壱番屋」を滋賀県内でフランチャイズ展開するアドバンス(同県長浜市)は、琵琶湖で多く漁獲されながらも一般に流通していない淡水魚「ニゴイ」のフライを使った新たなご当地メニュー「びわ湖のマジカフライカレー」の販売を始めた。

 ニゴイはコイ科の淡水魚で、同県内では「マジカ」とも呼ばれる。コイに似た外見をしているが、小骨が多いうえ、鮮度が落ちるのが早いため、一般には流通せず、漁師の網にかかってもそのまま放されてきた。

 多いときは1日に200キロ以上も網にかかることがあるといい、県漁業協同組合連合青年会の若手漁業者らが「何とか商品化できないか」と、鮮度管理や加工の方法を確立するための試行錯誤を繰り返してきた。

 同青年会の中村清作会長(33)が、立ち寄った居酒屋でニゴイの話をしたところ、店主からハモのように骨切りをすることで小骨を気にせずに食べることを教わったのが新メニュー開発のきっかけとなった。

 鮮度管理についても、中村会長らが全国各地を2年間かけて視察。獲れたての新鮮なニゴイを血抜きし、神経締めすることで鮮度を保つよう工夫した。

会員限定記事会員サービス詳細