天皇陛下、最後の文化勲章親授式 「誠に喜ばしい」山崎正和氏らをおねぎらい

文化勲章親授式の後、記念撮影に納まる(前列左から)京大名誉教授の長尾真氏、作曲家の一柳慧氏、東大名誉教授の金子宏氏、陶芸家の今井政之氏、劇作家・評論家の山崎正和氏。(後列左から)長尾さんの妻、美紀子氏、金子さんの妻、敦子氏、今井さんの妻、慶子氏=3日午前、皇居・宮殿東庭(萩原悠久人撮影)
文化勲章親授式の後、記念撮影に納まる(前列左から)京大名誉教授の長尾真氏、作曲家の一柳慧氏、東大名誉教授の金子宏氏、陶芸家の今井政之氏、劇作家・評論家の山崎正和氏。(後列左から)長尾さんの妻、美紀子氏、金子さんの妻、敦子氏、今井さんの妻、慶子氏=3日午前、皇居・宮殿東庭(萩原悠久人撮影)

 文化勲章の親授式が「文化の日」の3日、皇居・宮殿「松の間」で行われ、租税法学の金子宏氏(87)、劇作・評論の山崎正和氏(84)ら5人に天皇陛下が勲章を手渡された。来年4月の譲位を控え、陛下にとって最後の文化勲章親授式となられた。

 他の受章者は、作曲の一柳慧(いちやなぎ・とし)氏(85)、陶芸の今井政之氏(87)、情報工学の長尾真氏(82)。

 式に続き、金子氏が受章者代表で感謝の言葉を述べると、陛下は「長年、努力を重ね、大きな業績をおさめられ、文化の向上に尽くされたことを誠に喜ばしく思います」とねぎらいの言葉をかけられた。

 受章者は宮殿東庭で記念撮影に臨んだ後、宮内庁庁舎で記者会見。山崎氏は「陛下手ずから勲章をいただき、平成最後の文化勲章をいただいたのだという実感が強くわきました」と感想を述べた。今井氏は「世界に向かって陶芸の世界を、日本の文化を披露していきたい」と今後のさらなる活動に意欲を見せた。