昭和天皇の87年

皇太子、パリを楽しむ 忘れられないアルザスの小宴

画=千葉 真
画=千葉 真

欧州へ(5)

 1921(大正10)年5月29日、3週間にわたるイギリスでの滞在日程を終えた裕仁皇太子は、ジョージ五世やエドワード皇太子らに見送られてポーツマス軍港停泊の訪欧艦隊(旗艦鹿島と御召艦香取)に戻り、翌30日早朝、艦隊は錨(いかり)を上げた。

 次の目的地は、フランスである。

 ユニオンジャックがはためく9隻の英駆逐艦に護衛され、英仏海峡を航走する訪欧艦隊は、やがて前方の海上に5筋の煤煙が上がるのを見た。出迎えに現れた5隻の仏駆逐艦だ。

 午前10時すぎ、英艦隊は礼砲を放って反転し、かわって三色旗をひるがえす仏艦隊が護衛の任につく。訪欧艦隊の日の丸が、青空にもう一つの太陽を輝かせた。

 午後3時すぎ、艦隊はフランス北西のル・アーブル港に入港。仏軍将官や現地の県知事らが、両国国歌の演奏とともに裕仁皇太子を奉迎した。

 特別列車でパリに着いたのは、翌31日である。フランス訪問は非公式だったため、イギリスほどの大々的な歓迎セレモニーはなかったが、その分、裕仁皇太子はパリの街並みを、比較的自由に見学することができたようだ。

 6月2日にエッフェル塔を視察した際には、婚約者の良子女王(のちの香淳皇后)へのお土産として塔の模型などを購入した(※1)。

 5日にはサン・クルー公園を散策し、家族連れの市民らが遊んでいる様子に目を細めた(※2)。

 9日にも《パリ市内を御散策になり、自由に買い物などをされる。特にフォーブール・サン・アントワンヌ通百番地の著名な家具商メルシエ・フレールにおいては、陳列された各種家具・壁紙等を御覧の上、トランプ卓一脚をお求めになる》(昭和天皇実録8巻27頁)

× × ×

会員限定記事会員サービス詳細