子供の幸せ喜ぶパパの歌? 藤原道長の和歌「この世をば-」の別解

 道長の日記「御堂関白記(みどうかんぱくき)」にこの歌そのものの記載はない。気持ちの高ぶりを抑えきれなかった道長なりの照れ隠しか。あるいは、「酔っ払って忘れたのかも」という山本教授の推理が正しいのであれば、道長は実に人間くさい。

会員限定記事会員サービス詳細