「村上春樹」米国で人気の理由 翻訳者の熱意と戦略

「村上春樹」米国で人気の理由 翻訳者の熱意と戦略
「村上春樹」米国で人気の理由 翻訳者の熱意と戦略
その他の写真を見る (1/2枚)

 ノーベル文学賞の受賞予想で上位に入り、世界で最も広く読まれている日本人作家、村上春樹さん(69)。飛躍のきっかけとされる1980年代後半以降の米国での成功の陰にはどんな戦略やドラマがあったのか。作家で翻訳家の辛島デイヴィッド・早稲田大准教授(38)が、米の翻訳者ら30人超に取材したノンフィクション『Haruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち』(みすず書房)で舞台裏に迫っている。(海老沢類)

 ■「同時代性」強調

 「翻訳を出す際、村上さんは、ほかの多くの作家のように政府や財団の支援を受けていない。どう世界に売り出したのか? それを知りたくて当時の翻訳家たちに会っていくと、彼らの物語がすごく面白かったんです」と辛島さんは言う。

 本書の主役は、村上作品の英訳を最初に手がけたアルフレッド・バーンバウムさんや、出版元の講談社インターナショナル(当時)編集者だったエルマー・ルークさんといった裏方たち。1997年に英訳された長編『ねじまき鳥クロニクル』で英語圏での評価を確立するまでの十数年に焦点を絞り、個性的な出版人の群像を村上さん本人へのインタビューも交えて描く。

会員限定記事会員サービス詳細