一足早くハロウィーン 動物にカボチャ贈る 王子動物園

ニンジンやリンゴなどで飾り付けられたカボチャに近づくジャイアントパンダのタンタン=神戸市灘区
ニンジンやリンゴなどで飾り付けられたカボチャに近づくジャイアントパンダのタンタン=神戸市灘区

 31日のハロウィーン本番を前に、神戸市灘区の市立王子動物園で28日、一足早いハロウィーンイベントが行われ、カボチャや好物の果物などが動物たちに贈られた。

 ハロウィーン前の週末に行われる毎年恒例のイベント。ゾウやキリン、レッサーパンダなどには、それぞれの動物をモチーフに、飼育員らがお化けの顔を描いたりくり抜いたりして作ったカボチャと、好物の野菜や果物が届けられた。

 ジャイアントパンダのタンタンには、リンゴやニンジンなどが飾り付けられた直径約30センチのカボチャをプレゼント。タンタンがカボチャにじゃれついた後、器用に前足を使ってニンジンなどを食べ始めると、集まった大勢の家族連れから歓声が上がった。

 大阪市西淀川区の小学3年、森希々花(ここな)さん(9)は「おいしそうに食べていたのがかわいかった」と笑顔で話した。

会員限定記事会員サービス詳細