ひなちゃんパパの家族レシピ

サケのロールキャベツ

サケのロールキャベツ
サケのロールキャベツ

手頃な値段で、使いやすい魚といえばサケ。こんがり焼いた塩サケに白いご飯の組み合わせは、こたえられません。「サケは秋が旬。この時季は『秋サケ』といって、生のサケが出回るの。塩を加えていないからサケ本来のおいしさが楽しめるわ」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が教えてくれました。

ひなちゃんも好きなロールキャベツにして味わってみることにしました。サケは角切りにして小さなサイコロ状に。牛乳をひたしたパン粉をつなぎに加え、タネを作りました。

キャベツはサイズの大きな外側の葉を使い、包みやすいように軽くゆでます。「芯の部分がしなやかに曲がるくらいやわらかくなるまでを目安に。破れないように気をつけてね」と江上先生。

葉を広げてタネをのせ、両端を折り込んで空気が入らないように巻きました。崩れることなく、しっかりとスープで煮込むためには、鍋の選び方と落とし蓋がポイント。

鍋は4個のロールキャベツをきっちりと並べて、隙間が空かない大きさのものを選びます。クッキングシートやアルミホイルで落とし蓋をして、コトコトと火を通します。

器に盛り、とろみをつけた煮汁をかけて完成です。つややかなキャベツにナイフを入れると、中身がみっちりと詰まってボリュームたっぷり。「口の中でサケの良い香りが広がるわ。キャベツの甘みと合うのね」とママ。ふっくらとしてジューシーな旬のおいしさを、おなかいっぱいに堪能しました。(取材協力・江上料理学院)

《材料・4人分》

生サケ  …4切れ(約320グラム)

卵………………1個

キャベツ……大4枚

タマネギ ……100グラム

パセリ(みじん切り) ………小さじ1

牛乳………大さじ2

白ワイン………1/4カップ

固形スープ、塩、コショウ、パン粉、片栗粉

〔1〕生サケは皮と骨を取り除き、1センチ角に切る。

〔2〕タマネギはみじん切りに。パン粉20グラム、牛乳を合わせてしばらくおく。

〔3〕(1)(2)、卵、塩小さじ1/2、パセリ、コショウ少量をよく混ぜて4等分にする。

〔4〕キャベツは軽くゆで、水気を切る。葉を広げて内側に(3)をのせ、両端を折り込んで巻き、巻き終わりをようじで留める。同様に計4個作る。

〔5〕鍋に水1カップ、白ワイン、固形スープ1/2個を入れて(4)をきっちりと並べ、落とし蓋をして10分ほど煮る。ようじを取り除いて器に盛る。

〔6〕鍋に残った煮汁を一煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、(5)にかける。

ひなちゃんストラップ発売中(720円+送料155円)

産経広告社(電)03・5259・8706(土日・祝日除く)