障害者集めて盗品磨かせる、支援制度悪用か 男4人逮捕

 車上荒らしでゴルフ用品を盗んだとして、兵庫県警捜査3課は25日、窃盗の疑いで、神戸市中央区相生町の会社経営、蓮本憲太郎容疑者(42)と、同市長田区萩乃町の古物商、白石皓之(こうじ)容疑者(30)ら男4人を逮捕したと発表した。蓮本容疑者らは神戸市の指定のもとで障害者支援施設を運営し、障害者を集めて犯行に加担させていたとみられ、県警は事件の全容解明を進めている。

 捜査関係者や市によると、蓮本容疑者は今年6月以降、長田区で障害者就労継続支援事業所「グラスト」(定員20人)を運営。市から1人当たり1日約6千円の給付金を受け取りながら、障害者に盗品のゴルフ用品を磨かせたり、梱包作業に従事させたりしていた。盗品は白石容疑者が経営する同区のリサイクルショップ「爆買王」に持ち込まれ、インターネットオークションで転売されていた。

 県警によると、県内では今年1月以降、ゴルフ用品を狙った車上荒らしが多発。盗品の保管先倉庫を捜索し約千点を押収した。

会員限定記事会員サービス詳細