「ペットと暮らす 獣医師からのアドバイス」が本に

「ペットと暮らす 獣医師からのアドバイス」
「ペットと暮らす 獣医師からのアドバイス」

 ペットを健康に長生きさせるために予防医療の啓発などを行う獣医師団体、Team HOPE(チームホープ)が、平成28年9月から今年7月まで約2年間にわたり本紙に連載した「ペットと暮らす 獣医師からのアドバイス」が書籍化された。

 チームホープに賛同する全国の獣医師ら49人が、日々の診療で直面するペットのさまざまなテーマについて、平易な語り口で解説している。

 かかりつけの動物病院を持つべきことや、ワクチン接種の大切さ、しつけとコミュニケーションの方法まで手厚いアドバイスが収録されている。

 執筆者たちがそれぞれのテーマを超えて伝えようとするのは、動物医療とは病気になったときだけのものではないということだ。

 チームホープの学術顧問を務める獣医師の石田卓夫さんが寄稿した前書きには、「この本は病気にならないため、問題が起こらないようにするための本と思ってください」とある。

 巻末には、健康セルフチェックシートも掲載されており、大切なペットを病気から守るための知識が満載の一冊だ。

 税込み1296円。ファームプレス発行。

会員限定記事会員サービス詳細