50年に1度の霜降り、史上最高の福島牛誕生に注文殺到 風評払拭に期待

50年に1度の霜降り、史上最高の福島牛誕生に注文殺到 風評払拭に期待
50年に1度の霜降り、史上最高の福島牛誕生に注文殺到 風評払拭に期待
その他の写真を見る (1/2枚)

 良質な霜降りと柔らかい肉質が特徴の「福島牛」に「50年の歴史で最上質」という種牛が生まれた。福島県農業総合センター畜産研究所で飼育されている6歳の「勝忠安福(かつただやすふく)」。生まれた子牛23頭の3年にわたる調査の結果、50年に1度という霜降り度合いが認められ、「基幹種雄牛」に認定された。認定から1カ月、注文も殺到しており、東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭をはかる県は新たな福島牛の誕生に期待を寄せている。

 勝忠安福について、県農林水産部畜産課は平成28年から30年までに勝忠安福から生まれた牛23頭の肉質を分析し、種牛としての能力を調べた。

 その結果、霜降り度合いを測る「BMS値」は平均で8.8を記録した。8.8は昭和44年の県の基幹種雄牛制度を開始して以来、最高の数値で、文字通り50年の一度の種牛であることがわかった。

 BMS値は赤身の肉にしめる霜降りの割合を示し、8以上で最高級のA5にランク付けされる。牛肉のプロが最も気にする数値で、8.8という数値は昨年の第11回全国和牛能力共進会で東日本1位だった福島県産種雄牛「高百合(たかゆり)」の8.4を上回る。同課によると、肉質の特徴として脂肪の融点が低く、口当たりのよさやジューシーな食感が特徴という。

会員限定記事会員サービス詳細