近ごろ都に流行るもの

「ヨガビリー」 シニアも障害者も、体動かす喜びを

【近ごろ都に流行るもの】「ヨガビリー」 シニアも障害者も、体動かす喜びを
【近ごろ都に流行るもの】「ヨガビリー」 シニアも障害者も、体動かす喜びを
その他の写真を見る (1/8枚)

 「ヨガ」と聞くと、美容意識の高い女性…というイメージが強いが、ヨガ+リハビリの意味を込めた「ヨガビリー」という、シニアや障害者に人気の進化形プログラムがある。足もみやアロマを複合させた民間療法だ。千葉市の無料市民講座から始まり、卒業生による同好会、障害者施設など、年齢や運動機能の程度を問わず広がっている。誰もが願う「無理なく体を動かせる喜び」は、人生100年時代の健康寿命や医療費削減にもつながりそうだ。(重松明子、写真も)

 JR蘇我駅(千葉市)近くのコミュニティー施設。60~70代の11人(うち男性1人)がヨガマットに並んでいた。

 講師の須之内美知子さん(42)が足裏反射区の図を配る。「全身の不調が現れる場所。ご自身でもチェックしていると思いますが、今日は私が1人ずつ、力強くもみほぐしていきますね」

 これが始まりのお約束。「腎臓から尿道までの経路」を棒でグリーッと押された参加者が次々と「ギャー痛~」「そこはやめて!」と足を抱えて悶絶(もんぜつ)。爆笑が起こる。老廃物を流し、体温を上げるウオーミングアップで、一気に雰囲気がなごんだ。

会員限定記事会員サービス詳細