ときを紡ぐ絵本 親子とともに

言葉のおもしろさ 『ねぎぼうずのあさたろう』

『ねぎぼうずのあさたろう』
『ねぎぼうずのあさたろう』

 子供は日常生活の中にあふれる言葉をリズムや音、響きとして吸収します。そして、遊びや生活の場面で、使ったり言い合ったりしながら、言葉の世界を広げていきます。

 わが家の息子が保育園の頃、突然「え~ぃ、ずがたかい、ひかえおろう、この紋所が目に入らぬか」「お主も悪よのぉ。ぬはははは」などと言い出したときには、驚くやら、おかしいやら。おじいちゃんと一緒にテレビの時代劇を見るのが大好きな友達のシゲ君の影響で、息子はこれまで見たことのなかったテレビの時代劇に見入りました。

 勧善懲悪のストーリーの痛快さとともに、耳から入って来る侍や江戸言葉を面白がりました。それは、彼にとって小気味よい音の響きやリズムだったようです。

 ちょうどその頃、楽しんだ絵本に『ねぎぼうずのあさたろう』(飯野和好・作、福音館書店)=写真(その3・人情渡し舟)=があります。

 平成11年から、全10冊刊行されたこのシリーズは、浪曲調の語り口と迫力ある場面描写の痛快時代劇絵本です。

会員限定記事会員サービス詳細