英国の無秩序EU離脱回避の最終期限はクリスマス 合意でも厳しい英側日程 

 メイ首相は造反を防ぐため、EUとの合意後は早期に議会に諮る方針だが、協定承認に失敗すれば、メイ氏は「合意なき離脱」か交渉期間の延長申請などの判断を迫られる。この場合、不信任案提出も予想され、メイ氏の辞任や解散・総選挙、2度目の国民投票実施も取り沙汰される。交渉期間の残り時間が刻々と減る中、双方が合意できても、予断できない状況が続く可能性がある。

会員限定記事会員サービス詳細