沖縄県、辺野古阻止へ政府に「対話」呼びかけ

 沖縄県の玉城デニー知事は17日、政府が辺野古埋め立てに向けた措置を取ったことに対し、徹底抗戦する考えを表明した。ただ、土砂投入を阻止する決定打はなく、政府に対して「引き続き、対話を求めてまいりたい」とも語った。

 玉城氏は、政府が行政不服審査法に基づく審査請求を行ったことについて「私人の権利・利益の救済を図ることが目的だ。制度の趣旨をねじ曲げた、違法で、法治国家にあるまじき行為」と批判。承認撤回の効力が停止された場合の対応について、国地方係争処理委員会への不服申し立てや、国土交通相の判断を違法として裁判所に提訴することも検討している。

 また、政府が埋め立て工事を進める際には「サンゴ類の特別採捕許可などで沖縄県知事からはさまざまな許可を得なければならない」と強調。翁長雄志前知事と同様にあらゆる権限を駆使する考えを示した。

 しかし、工事完了を遅らせることはできても、土砂投入を阻止する手立てはないのが実情だ。玉城氏が政府との「協議」を求めるのはこのためだが、政府と県の立場は大きく異なり、合意に達する見通しは立っていない。

会員限定記事会員サービス詳細