浪速風

拉致か殺害か。権力の犯罪のにおいがプンプンする

まるで映画のようだ。結婚に必要な書類を調えるためトルコのイスタンブールにあるサウジアラビアの総領事館を訪れた。外では恋人が待っていたが、いつまでたっても出てこない。サウジの体制に批判的なジャーナリストだったため、殺害が疑われ、治外法権の領事館に異例の捜索が入った。

▶自ら行方をくらましたとは考えにくい。拷問の音声をトルコ当局が入手したという報道もあり、やはり殺害されたのか。それとも拉致されて国外に連れ出されたのか。どんなシナリオでも、領事館が舞台だけにサウジ政府が無関係とは思えない。このところ国際政治の暗部を見せつける事件が相次いでいる。

▶英国に亡命した元ロシア情報機関員が神経剤で襲撃された。中国では有名女優やICPO総裁が不明になり、脱税や汚職の捜査対象として姿を見せた。昨年の金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺も記憶に新しい。権力者が意のままに振る舞うのは恐ろしい。何としても真相を解明しなければ。