全国選抜の人工授精用「種雄牛」候補に群馬県畜産試験場4頭 遺伝子解析で肉質向上

 26年度には県内の雌牛1200頭に同評価を実施。評価の高い雌牛と種雄牛を交配させた「スーパー黒毛和牛受精卵」を増産し、今年度から繁殖農家に供給を開始した。1個3万2400円という割安な価格で年間200個を販売予定。供給した受精卵から生まれる子牛を基に、全県的に改良を進め、県産和牛の品質底上げを図る考えだ。

 牛肉や野菜など農畜産物が豊富で、「すきやき自給率100%」をアピールする県は11月25日、世界初の「すきやき」に関するギネス世界記録に挑戦する。県内和牛のブランド力向上は、県畜産物の魅力発信に一役買いそうだ。県畜産課は「数年後には肉質の良い牛が数多く生まれてくるので、ブランド推進課と連携して県産牛の知名度向上を目指したい」と意欲を見せている。

会員限定記事会員サービス詳細