衝撃事件の核心

千葉のトレーラー横転3人死亡事故 なぜ過積載で走行

捜査関係者によると、事故現場にはトレーラーのものとみられる横滑りしたようなタイヤ痕が見つかっており、トレーラーが横転した場所とも一致している。運転ミスがあった可能性があるという。

その一方で、運転手の男は最大積載量29トンのトレーラーに「鉄筋を37トンほど積んでいた」などと供述。トレーラーに最大積載量を超える鉄くずを積んだ疑いが強まったとして、県警は道交法違反(過積載)などの容疑で勤務先を家宅捜索し、現在裏付け捜査を進めている。

なぜ、過積載での走行を行うことになったのか-。業界関係者は鉄の買い取りシステムを挙げ、「鉄の買い取り業者はキロ当たりの価格で買い取るので、運送コストなどを考えると、一度に多くの量を運んだ方がもうけにつながる。過積載してでも利益を追求してしまう場合もあるのでは」と指摘する。

信号待ちで停車していただけで、突然尊い命を奪われた3人について、知人らは悔しさをにじませる。吉田さん夫婦の家の近くに住む30代の主婦は「感じのいい人だった。本当に残念」と声を詰まらせ、50代の主婦は「町内会の清掃にも参加してくれており、事件は本当にショック」とやりきれない様子で語った。

会員限定記事会員サービス詳細