台風24号

関電管内の停電は延べ11万4千戸 21号は220万戸

 関西電力は1日、台風24号に伴う同社管内(2府6県)の停電戸数について、同日午前9時現在で延べ11万4350戸に上ったと明らかにした。うち約6500戸(同10時現在)で停電が続いている。山間部など一部を除き2日までの復旧をめざす。

 府県別の停電戸数は、大阪府9480戸▽京都府1万1390戸▽兵庫県4850戸▽奈良県6560戸▽滋賀県6100戸▽和歌山県6万6890戸▽福井県840戸▽三重県8240戸。

 9月4日に近畿地方などに上陸した台風21号では、管内で延べ220万戸を超える大規模な停電が発生。同社関係者は「今回は台風の進路が21号よりも南をたどり、大阪などの都市圏で風速40メートル級の暴風が吹かなかったため、電柱の損壊が少なく、比較的被害が広がらずに済んだ」としている。

会員限定記事会員サービス詳細