【樹木希林さん葬儀】長女の内田也哉子さん 奇妙な家族への思い 手紙で知った両親のつながり「長年のわだかまり解けた」(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

樹木希林さん葬儀

長女の内田也哉子さん 奇妙な家族への思い 手紙で知った両親のつながり「長年のわだかまり解けた」

 30日に営まれた女優、樹木希林さんの葬儀・告別式で、喪主は喪主は夫でロック歌手の内田裕也さん(78)が務めた。しかし、内田さんの体調を考慮し、長女でエッセイストの内田也哉子さん(42)が遺族代表のあいさつに立った。主な内容は次の通り。

 「私にとって母を語るのに、父、内田裕也をなくして語れません。本来なら、このような場で語ることではないのかもしれませんが、思えば、内田家は数少ない互いへのメッセージ発信をいつも大勢の方々の承認のもとに行っていた奇妙な家族でした。

 また生前、母は恥ずかしいことこそ、人前でさらけ出すというやっかいな性分だったので、皆様が困らない程度に少しお話しさせてください。

 私が結婚するまでの19年間、うちは母と私の2人きりの家庭でした。

 そこにまるで、象徴としてのみ君臨する父でしたが、何をするにも私たちにとって大きな存在だったことは確かです。

 幼かった私は不在の父の重すぎる存在に、押しつぶされそうになることもありました。

 ところが困った私が、『なぜこのような関係を続けるのか』と母を問い詰めると、平然と『だってお父さんにはひとかけら、純なものがあるから』と私を黙らせるのです。

 自分の親とはいえ、人それぞれの選択があると頭ではわかりつつも、やはり私の中では、永遠にわかりようもないミステリーでした。

 ほんの数日前、母の書庫で探しものをしていると、小さなアルバムを見つけました。母の友人や、私が子供の頃に外国から送った手紙が丁寧に貼られたページをめくると、ロンドンのホテルの色あせた便箋に目が留まりました。それは母がまだ悠木千帆と名乗っていた頃に、父から届いたエアメールです。

 『今度は千帆と一緒に来たいです。結婚1周年は帰ってから2人きりで。蔵王とロサンゼルスというのも、世界中にあまりない記念日です。この1年、いろいろ迷惑をかけて反省しています。