ひなちゃんパパの家族レシピ

タラコスパゲティ

タラコスパゲティ
タラコスパゲティ

鮮魚売り場で、ひなちゃんがじっと見つめていたのがタラコ。「これは海の生き物ですかぁ?」と不思議そうに聞きました。おにぎりの具でも人気があるタラコだよ、と説明すると「あ~っ、知ってますぅ」と、目を輝かせました。

タラコはスケトウダラの卵巣を塩漬けにしたもの。韓国風の辛い調味液で漬けたのがからし明太子(めんたいこ)です。

「タラコは色が赤いので『紅葉子(もみじこ)』とも呼ばれるのよ」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が教えてくれました。

何とも秋にぴったりですね。おにぎりと並ぶ定番のタラコスパゲティを作って味わうことにしました。

まずはソースを作ります。タラコは薄皮に包丁で浅い切り込みを入れて、刃の先端で中身をしごき出します。もちろん、皮が破れた「切れ子」を使ってもいいそうです。室温に戻してやわらかくしたバターにサラダ油と一緒に加え混ぜれば出来上がり。ここにゆでたてのスパゲティを加え、全体に絡めます。