【樹木希林さん葬儀】是枝裕和監督「希林さんの存在は肉体を離れ、世界中に普遍化した」(3/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

樹木希林さん葬儀

是枝裕和監督「希林さんの存在は肉体を離れ、世界中に普遍化した」

■「もう、おばあちゃんのことは忘れなさい」

 昨年の春に「万引き家族」への出演を依頼したときは、まだ脚本ができあがっていなかったにもかかわらず、あっさりと引き受けてくれました。なかば断られることを覚悟していた私は、あなたの態度に安堵(あんど)と同時に不可解さを感じていたのです。

 撮影が終わり、3月30日に事務所を訪れたあなたから見せられたPET(陽電子放出断層撮影)の画像はがんの転移を示す黒い小さな点が全身の骨に広がっていました。あなたは「寿命は年内がめど」と告げられており、「だからあなたの作品に出るのはこれでおしまい!」と口にされた。

 そう遠くはないと分かっていた日があっという間にすぐそこに来てしまいました。言葉を失いました。映画はできあがり、6月4日に公開されました。

 希林さんはそこで私たち2人の関係をきっぱりと終わりにするつもりだったのでしょう。私の腕につかまりながらつえをついて(舞台挨拶の)壇上に上ったその日、あなたは別れ際、私にこう言いました。

 「もうおばあちゃんのことは忘れて、あなたはあなたの時間を若い人のために使いなさい。私はもう会わないからね」