衝撃事件の核心

郵便局の裏は「いじり」と「いじめ」 焼き肉店で加熱トング押し当て

肉を焼くためのトングが凶器になった。懇親会場だった焼き肉店で、後輩社員に熱したトングを押し当ててけがをさせたとして、大阪府警東署は7月、傷害容疑で日本郵便天王寺郵便局の社員の男2人を逮捕した。事件の発端は、後輩社員が繰り返す仕事上のミスだった。それまでも、職場には後輩をいじるような空気があったというが、この日の2人の行動は一線を越え、悪質ないじめに変わった。

行き過ぎた“指導”

傷害容疑で逮捕されたのは、天王寺郵便局の非正規社員の男(53)と正社員の男(43)。2人は同じ部署に所属し、後輩である20代の男性社員に暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれている。

3月2日夜、大阪市中央区のある焼き肉店。3人が所属する部署の慰労会が開かれ、二十数人がロースターを囲んだ。

店は貸し切りで、アルコールが入るにつれ、宴は盛り上がりをみせていった。しかし開始から約2時間後に被害男性が遅れて姿をみせると、宴席は異様な雰囲気に包まれていく。

「また失敗したのか」。仕事上のミスをなじる声が響き、年上の非正規社員の男が男性を羽交い締めにした。そして年下の正社員がトングを熱し、被害男性の首筋に押し当てたのだ。

暴行はさらにエスカレートする。2人は同僚が履いていた靴下を脱がせて男性の口に突っ込み、服の中に氷を入れた。ミスをとがめる行為というには、明らかに行き過ぎていた。

被害男性は後日、上司に相談。しかし取り合ってもらえなかったとして東署に被害届を提出した。

会員限定記事会員サービス詳細