船橋・取掛西貝塚に1万年前の集落跡 さまざまな地域と交流か 国指定史跡へ前進 千葉

発掘調査によって約1万年前の集落跡が判明した取掛西貝塚=20日、船橋市(塩塚保撮影)
発掘調査によって約1万年前の集落跡が判明した取掛西貝塚=20日、船橋市(塩塚保撮影)

 千葉県船橋市教育委員会は発掘調査中の取掛(とりかけ)西貝塚で縄文時代早期(約1万年前)の関東最大級の集落跡などが判明したと発表した。同市教委埋蔵文化財調査事務所によると、昨年6月からの本格的な学術調査で約1万年前の竪穴住居跡24軒を発見。約8メートル×約7メートルの、広い四角形の住居跡も見つかったという。

 このほど開いた報道陣向けの現地説明会で明らかにしたもので、調査では約6千年前の竪穴住居跡やヤマトシジミ、ハマグリなどの貝層も確認された。

 同貝塚は高台にあり、全体の面積は約7万6千平方メートル。周囲には畑や緑地、宅地が広がっている。

 現地では平成11年度から断続的に発掘調査が行われており、これまでにイノシシ7体とシカ3体の頭骨を配置した国内最古級の動物儀礼跡も見つかっている。同種の儀礼跡は全国でも他に4つの遺跡でしか見つかっていない。

 土器は神奈川、埼玉、栃木、茨城各県などで出土した土器と共通性があり、取掛西貝塚の縄文人はさまざまな地域と交流していたことがうかがえるという。

 市教委は来年度まで調査を進め、32年度に総括報告書を文化庁に提出。地権者の理解を得て国史跡への指定を目指す。

 同調査事務所の石坂雅樹所長は「この高台には湧き水があり、イノシシや貝なども手に入った。住みやすく、代を継いで定住していたようだ。1万年もの間、破壊されず、奇跡的に残った。国指定史跡になれば、開発から守ることができる」と説明している。