【関西の議論】人手確保に悩む農家と働き手のニーズをマッチング 日本を縦断する「アルバイトリレー」も登場(4/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

関西の議論

人手確保に悩む農家と働き手のニーズをマッチング 日本を縦断する「アルバイトリレー」も登場

 28年からはJAふらの(北海道)とJAにしうわ(愛媛県)、JAおきなわ(沖縄県)が協力し、4~10月は北海道でメロンやスイカ、11~12月は愛媛でミカン、12~3月は沖縄でサトウキビの収穫に携わってもらおうという試みだ。いわば渡り鳥のように収穫期の土地に移動して働く仕組みだ。

 また九州では今月から、福岡と佐賀、大分のJAなどが連携し、収穫期の農家に作業員を紹介する事業がスタート。学生や主婦ら約200人が登録し、県をまたいで汗を流しているという。

 アルバイトが通年で働ける上、農家も労働力を安定確保できる点でメリットは大きい。JAにしうわ農業振興部の大杉充(みちる)次長は「単純に人手不足を解消するだけでなく、経験を積んだ質の高いアルバイトが確保できている」と強調する。即戦力ゆえ農家の評判も上々で、全国から多くの農業関係者が視察に訪れるなど注目を集めている。