靴下デザインコンテスト 学生らがファッションショー 奈良 - 産経ニュース

メインコンテンツ

靴下デザインコンテスト 学生らがファッションショー 奈良

「靴下デザインコンテスト」の入賞作品=奈良県広陵町
「靴下デザインコンテスト」の入賞作品=奈良県広陵町

 全国有数の靴下生産地をPRするため奈良県の広陵町靴下組合が行った「第5回靴下デザインコンテスト」の入賞作品が発表され、22日に同町の竹取公園で開かれた「広陵かぐや姫まつり」で作品が披露された。

 コンテストには、全国から過去最多となる2199点が寄せられ、うち18点が入賞した。

 最優秀靴下組合長賞に選ばれた大阪府高槻市の会社員、今福匠さん(45)の作品は「かぐや姫のまち」を掲げる同町にちなみ、「竹取物語」をイメージした靴下。格子柄に月明かりと竹林のシルエットを表現し、両足をそろえると満月になるようデザインされたユニークな作品で、今福さんは「たくさんの中から選ばれ、大変うれしい。日常にも取り入れてもらえるような和風のデザインを意識した」と話した。

 かぐや姫まつりでは、表彰式が行われた後、ファッションショーが開かれ、畿央大学人間環境デザイン学科の学生たちが実際に入賞作品の靴下をはいてアピールした。