沖縄知事選・ラストサンデー 玉城、佐喜真両氏が激戦 宜野湾市長選も告示

 30日投開票の沖縄県知事選は23日、最後の日曜日を迎え、いずれも新人で無所属の佐喜真淳(さきま・あつし)前宜野湾(ぎのわん)市長(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、共産党や社民党、労組などでつくる「オール沖縄」が推す玉城(たまき)デニー前衆院議員(58)らが支持を訴えて各地を回った。選挙戦は事実上の一騎打ちで、序盤でリードした玉城氏を佐喜真氏が追い上げる激戦となっている。23日は佐喜真氏の辞職に伴う宜野湾市長選も告示された。

 佐喜真氏は那覇市内での街頭演説で「在沖米軍の基地整理縮小に全力を尽くして頑張る」と述べ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の早期返還を目指す考えを強調した。公約に掲げる日米地位協定の改定に関しても「自民、公明、日本維新、希望の力を借り、絶対改定を実現したい」と訴えた。

 20日に総裁選を終えた自民党は総力を挙げて佐喜真氏を支援する。23日には自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が沖縄入りし、竹下亘総務会長、塩谷立選対委員長も街頭演説に姿を見せた。公明党もきめ細かい運動で期日前投票を呼びかける。

 一方、玉城氏は宜野湾市内で「(8月に死去した)翁長雄志(おなが・たけし)知事の遺志を引き継ぐ」と述べ、「弔い票」獲得に向けアピール。「普天間は閉鎖・返還しか道がないと国に対してモノを言っていきたい」と力を込めた。

 玉城陣営は政党色を前面に出さない方針だ。ただ、主要野党は力を入れており、22日は共産党の小池晃書記局長、社民党の福島瑞穂副党首、立憲民主党の福山哲郎幹事長らが駆け付けた。