ツイッター投稿、米山前新潟知事が敗訴 松井大阪府知事を名誉毀損と大阪地裁判決

 ツイッターの投稿で名誉を傷つけられたとして、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事が米山隆一前新潟県知事に550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、大阪地裁であり、北川清裁判長は名誉毀損(きそん)を認めて米山氏に33万円の支払いを命じた。

 判決によると、米山氏は知事だった昨年10月末、大阪府立高校生徒への頭髪指導をめぐる訴訟に関連し、ツイッターで言及。党創設者の橋下徹氏が党所属議員と言い争いになったことにからめて、府立高の責任者は「維新の松井さん」とし、「異論を出したものをたたきつぶし党への恭順を誓わせてその従順さに満足する」などと投稿した。

 北川裁判長は判決理由で「言い争いに関連して松井氏が投稿のような態度を取ったとはいえない」と名誉毀損を認定。賠償額の算定は「松井氏がツイッターで反論し、社会的評価は一定回復した」などの事情を考慮した。