台風21号

タンカー流され衝突、関空の連絡橋が破損 乗組員11人が船内に取り残される

【台風21号】タンカー流され衝突、関空の連絡橋が破損 乗組員11人が船内に取り残される
【台風21号】タンカー流され衝突、関空の連絡橋が破損 乗組員11人が船内に取り残される
その他の写真を見る (1/3枚)

 第5管区海上保安本部によると、4日午後1時半ごろ、関西国際空港の東側に停泊していたタンカーが台風の強風で流され、同空港と対岸を結ぶ連絡橋に衝突した。乗組員11人にけがはない。同海保は、天候の回復を待って救助作業を行う予定。

 同海保によると、タンカーは「宝運丸(ほううんまる)」(全長89メートル、重さ2591トン)。関空まで燃料を運んだ後、海中にいかりを降ろして停泊していた。

 タンカーの上部が連絡橋にぶつかってめり込んだような状態になっており、操だ室付近から海水や雨水が入り込んでいるという。乗組員らは機関室に避難している。

 連絡橋は関空と対岸のりんくうタウンを結び、全長3750メートル。上部に道路、下部に鉄道やガス、水道などが通っている。