大阪桐蔭高で「賭けゴルフ」…アイスやジュースから現金に 下級生に暴力も

 大阪桐蔭高(大阪府大東市)の男子ゴルフ部で昨年度、部員間での賭けゴルフが横行していたことが30日、府私学課への取材で分かった。このほか複数の上級生が、下級生に繰り返し暴力をふるっていたことも明らかになった。

■あの宮里兄弟もOB…「恐喝された」申告

 府私学課によると昨年7月~今年3月、当時のゴルフ部の部員8人全員が、練習中に数百円ずつを賭けて何回もプレー。当初はアイスクリームやジュースを賭けていたが、徐々に現金を賭けるようになったという。

 この間、2年生5人が1年生1人に対し、同じミスを続けたとして、蹴るなどの暴力を繰り返していたことも判明した。

▼大阪桐蔭、裏に「データ班」 高校野球で初2度の春夏連覇

 同校が3月に実施した聞き取り調査で発覚。同校は同月、ゴルフ部を12日間の活動停止処分とし、6月に府私学課へ報告した。

 部員の一人が「先輩に恐喝された」との申告もあったが、同校の調査では事実として確認できなかったという。