【自民党総裁選】岸田文雄氏、石破氏批判鮮明に 9条2項削除の改憲論「違和感」 安倍首相3選サポートへ全国行脚で汗「宏池会政権への道」とも(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

自民党総裁選

岸田文雄氏、石破氏批判鮮明に 9条2項削除の改憲論「違和感」 安倍首相3選サポートへ全国行脚で汗「宏池会政権への道」とも

 岸田氏は「派内が一致団結して支持することが大事だ」と繰り返し岸田派議員に求め、自身も今後、広島や静岡、香川、大阪などを積極的に回る予定だ。そして講演では3年後の総裁選への意欲も示した。

 岸田氏は首相と衆院初当選同期であることを紹介し、「多くの議員が自民党から出て行く中、歯を食いしばってがんばった思い出がある」と述べ、離党経験のある石破氏を牽制(けんせい)。安倍政権で長く外相を務めたことにも触れ「安倍政権をしっかり支えることは大切なことだ」と強調し、こう付け加えた。

 「それが宏池会政権実現につながる道だと強く感じている。次の総裁選に向けてしっかりと歩みを進めていくことにつながると信じ、訴えていきたい」