筑波海軍航空隊記念館のゼロ戦VR動画、茨城県知事が体験 ナレーションは声優の櫻川めぐさん

筑波海軍航空隊記念館のゼロ戦VR動画、茨城県知事が体験 ナレーションは声優の櫻川めぐさん
筑波海軍航空隊記念館のゼロ戦VR動画、茨城県知事が体験 ナレーションは声優の櫻川めぐさん
その他の写真を見る (1/3枚)

 先の大戦の記憶を伝える「筑波海軍航空隊記念館」(茨城県笠間市旭町)の金沢大介館長(47)や同県桜川市出身の声優、櫻川めぐさん(29)らが22日、同県庁に大井川和彦知事を表敬訪問し、6月にリニューアルした同館で導入された仮想現実(VR)動画の完成を報告した。

 同館のVR動画は専用ゴーグルを装着することで、ゼロ戦の操縦を疑似体験できる。動画のナレーションを櫻川さんが担当しており、来館者は自由に見ることができる。

 この日は大井川知事がVR動画を体験。ゴーグルをつけると、「おお、すごい」「戦艦大和が出てきた!」と驚きの声を上げ、「県内の観光地にVR動画を活用していきたい」と話した。

 訪問後、櫻川さんは記者団に対し「VR動画を見てもらうことで、改めて戦争について考えるきっかけにしてほしい」と語った。