ナマズ新種、57年ぶり発見 国内4種目、滋賀と北九州の研究グループ 

 北九州市立自然史・歴史博物館(同市)の日比野友亮(ゆうすけ)学芸員と滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)の田畑諒一(りょういち)学芸技師の研究グループは17日、国内4種目となる新種ナマズ「タニガワナマズ」を発見したと発表した。16日付の国際学術誌「Zootaxa(ズータクサ)」に掲載された。国内でのナマズ属の新種発見は57年ぶり。

 これまでは各地に生息するナマズ、琵琶湖淀川水系の固有種ビワコオオナマズとイワトコナマズの3種が知られていた。

 タニガワナマズは伊勢湾など東海地方を中心に生息。他種のように河川下流域や湖沼ではなく、上流の谷川に生息することから命名された。遺伝子解析で新種と判明した。

 イワトコナマズと近縁で体色や歯の形状などが似ている一方、ナマズのような細長い体つきが特徴。9月8日~11月25日、琵琶湖博物館で展示される。