浪速風

異常な暑さ 温暖化対策の先送りは許されない

60年以上前の文章であることをお断りしておく。「燃料の消費は今後も増すばかりであるから、気温は上昇をつづけるものと思わねばならない」「気温がこの調子でどんどん上昇をつづけたら、たいへんなことが起る」。

▶雪の研究で知られる中谷(なかや)宇吉郎の「白い月の世界」(昭和32年、「アラスカの氷河」所収)から。氷雪に覆われたグリーンランドを夏に訪れたときのようすを書いている。氷や雪が大変な勢いで解け、洪水のような流れを作っていた。その光景を見ながら中谷は、気候の長期変化を研究することの必要性を説いている。

▶この夏の暑さ、尋常ではない。日本だけでなく世界各地で異常気象が報告されている。世界が温暖化対策に真剣になる必要がある。中谷は警告を発している。だれも本気になって二、三百年先のことを心配しているわけではない、温暖化で都市が海に沈むといった話もお茶の間をにぎわせただけ、と。もう先送りは許されない。