view 写

鹿児島県・与論島「百合ケ浜」 南の島に現れる幻の絶景

【view 写】鹿児島県・与論島「百合ケ浜」 南の島に現れる幻の絶景
【view 写】鹿児島県・与論島「百合ケ浜」 南の島に現れる幻の絶景
その他の写真を見る (1/2枚)

 小型船に乗り込み海を行くと、白い砂の浅瀬で止まった。潮が引き始めると、みるみる浅瀬が砂浜へと変わっていき、波紋が無数の曲線を白砂に刻んでいく。

 鹿児島県の最南端、奄美群島にある与論島。「百合ケ浜」は島の東、約1・5キロの沖合に、大潮か中潮の干潮時に数時間だけ現れる。昼間に見られるのは4月から10月までだ。

 全景を空から見ようと、できたばかりの浜から、ドローンを離陸させた。白砂の浜が海上に浮かんでいる。島を囲むサンゴ礁が、群青色の外海と島を隔て、エメラルドグリーンの帯が海岸線を美しく縁取っていた。

 長さ100メートルほどになった浜に次々と船が乗り付け、あっという間に100人ほどの観光客が上陸した。

 グラスボートで送迎を行っている本園秀幸さん(44)は「台風で砂がかき回され、場所が200~300メートル変わるのはよくあること。全く出現しない年もあった」と「幻の浜」「幻の絶景」とも呼ばれる理由を説明する。

 数時間しかない絶景の楽しみ方はさまざまだ。福岡市から訪れた新婚の緒方悠太さん(26)は妻の和調(なつき)さん(27)とウエディング写真を撮影した。「青い海に浮かぶ白い浜。そこに立った妻の姿は一生忘れない」と笑顔を見せた。

 潮が満ちるにつれて、小さくなっていく浜。観光客は慌ただしく船に乗り込み浜を後にする。「幻の浜」は、やがてエメラルドグリーンの海の中に姿を消した。(写真報道局 古厩正樹)

 動画は「産経フォト」sankei.com/photo/、または「YouTube」産経新聞チャンネルでご覧になれます。

 ■掲載写真お分けします

 掲載写真を実費でお分けします。問い合わせは、産経ビジュアル(電)03・3275・8775(平日の午前11時~午後6時)。ホームページはhttp://chizai-visual.sankei.co.jp/