浪速風

人は予期せぬ異常や危険に鈍感-「正常性バイアス」が逃げ遅れを生む

真備町(奥)から小田川(手前)に行われる排水=9日、岡山県倉敷市真備町(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)
真備町(奥)から小田川(手前)に行われる排水=9日、岡山県倉敷市真備町(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)

場所によって1000ミリを超えた歴史的豪雨の被害の全容はなお明らかではない。被災地では、安否不明者の救出、捜索活動が懸命に続けられている。無事であってほしいと祈るばかりだ。教訓として、災害が予想される場合には、まず避難を-と呼びかけたい。

▶災害心理学が専門の広瀬弘忠さんの「人はなぜ逃げおくれるのか」(集英社新書)が教えてくれる。避難とは危険から物理的に遠ざかることである。ところが「私たちの心は、予期せぬ異常や危険に対して、鈍感にできている」。まだ、あるいは自分だけは大丈夫と思い込んで、危険を回避するタイミングを逃してしまう。

▶これを「正常性バイアス」という。今回の豪雨で、避難指示や勧告に住民がどう対応したのか、検証しておきたい。広瀬さんは「20世紀は戦争の世紀だったが、21世紀は災害の世紀かもしれない」とする。惨事を繰り返さないために、「けっして忘災しないという覚悟が必要だ」。