ひなちゃんパパの家族レシピ

モズクとオクラのとろとろスープ

モズクとオクラのスープ
モズクとオクラのスープ

暑くなると注目されるのがオクラやヤマイモ、納豆などのねばねば食材。食欲がないときも、のどごし良く食べられるのがいいですね。

「食べやすさに加えて胃の粘膜を保護したり、疲労回復に役立ったり、夏の体にうれしい働きがある食材が多いのよ。海のねばねばといえばこれね」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生はこう言って、生のモズクを持ってきてくれました。モズクは三杯酢などで味付けしたものや、塩漬けにしたものもよく見かけますね。

江上先生は、「ねばねばの部分には『フコイダン』という食物繊維が豊富に含まれているの。今日はオクラと組み合わせて、とろとろのスープを作ってみましょうか」と提案してくれました。

オクラは塩もみして、表面を覆う産毛を落としてから輪切りに。生のモズクは食べやすく3センチ長さに切りました。鶏がらスープに水溶き片栗粉でとろみを付けてオクラ、モズク、豆腐を入れ、一煮立ちさせます。そこに酢を好みの分量入れれば出来上がり。仕上げにゴマ油やラー油を垂らしてもいいそうです。