衝撃事件の核心

民泊施設が犯罪者のアジトになる理由 迫るG20、対策は

特殊詐欺事件で摘発され民泊施設から出る容疑者(1人目)=大阪市西成区
特殊詐欺事件で摘発され民泊施設から出る容疑者(1人目)=大阪市西成区

大阪市西成区で6月、民泊をアジトにしていた特殊詐欺グループが摘発された。無許可のヤミ業態については以前から問題視されてきたが、今回の舞台は大阪市認定のれっきとした施設。ホテルや旅館と違い、フロント設備などがない民泊の匿名性にまぎれて、運営側もあずかり知らぬうちに犯罪に利用されていた。来年6月に大阪で開催される20カ国・地域(G20)の首脳会議を控え、民泊が招かれざる客の温床にならないか、懸念も出ている。

民泊のゲストは詐欺集団

「離せ!」

「俺じゃない!」

6月13日朝のこと。大阪市西成区の住宅街に怒号が響いた。

現場はどこにでもありそうな2階建ての民家だが、郵便受けには英語の表記。国家戦略特区制度に基づいて大阪市が認定した特区民泊の施設だった。

そこに、かねて内偵捜査を進めていた大阪府警捜査2課が家宅捜索に入った。

急襲を受けた形となったその家のゲストは、2階の窓から飛び降りて逃亡を図ったが、周辺を包囲していた多数の捜査員にあえなく取り押さえられた。そして詐欺未遂容疑で、この民泊にいた住居、職業とも不詳の20代男3人が逮捕された。

府警によると、3人は詐欺電話をかける「かけ子」役とみられ、同日午前、大阪府岸和田市内の80代男性に孫を名乗って電話をかけ、「株に手を出し失敗した」などと嘘を言って、現金750万円をだまし取ろうとしたという。